• BiZoom

不正なMEO(ローカルSEO)はペナルティーの対象です!日本に多い業者による不正行為!

更新日:2019年11月24日


不正MEO(ローカルSEO)とは、Googleのガイドラインに違反する方法でマップ検索(ローカル検索/エリア検索)結果の上位表示を行う行為です。

■ 不正MEOには危険がいっぱい!

昨今、一部のGoogle認定パートナーやMEO/SEO業者、Google認定フォトグラファーが、不正なMEO(ローカルSEO)を行い、お客様や自社のマップ検索のランキングを操作するケースが多く見受けられ、Googleも注意を喚起しています。不正なMEOはGoogleの明白なガイドライン違反です。やってはいけません。

不正な方法によるMEO(ローカルSEO)は、Googleによるペナルティーの対象になります。不正が発覚し、Goolgeが対抗処置を講じると、Googleマイビジネスが停止になり、マップ検索情報に一切表示されなくなります。Googleのマップ検索からお客様の存在が完全に消えてしまいます。しかも、ペナルティを受けるのは業者ではなく、お客様である事業者です。

当社が見る限りでも、マップ検索に上位表示されている事業者には、不正MEOによるランキング操作が含まれるものが多く見受けられます。お客様のMEO(ローカルSEO)施策やGoolgeマイビジネスの情報記載に不正や不適切な内容が含まれているか、ぜひ、ご確認下さい。

もし、不正な要素があることが判明した場合は、それら不正(または不適切)な要素を全て取り除き、正当かつ健全な方法によるMEO(ローカルSEO)による施策に改善することを強くお薦めします。ペナルティーを受けてからでは手遅れです!


■ 不正は違反報告で発覚する

現時点(2018年12月)で、Googleマップ検索におけるアルゴリズムは、自然検索でのSEOに比べ、脆弱であることは否めません。Googleがガイドラインで明確に不正としても、実際には、この脆弱性を悪用し、不正なMEOでランキング操作を行う業者が存在するのも事実です。今のところ、Googleでは独自に検知しきれない状況です。

そのため、不正の多くは、Googleの検知ではなく、同業他社など第三者からの違反報告により発覚しています。もし、あなたが気づいていない不正が含まれている場合、誰かがそれを違反報告すると、事業者としてのあなたのビジネスがGoogleよりペナルティーを受ける可能性があります。あなたがそれを認識している、いないかは関係ありません。全ての不正がペナルティーの対象です。実際にアメリカでは多くの不正報告がされています。日本でも不正報告はあります。

​また、Googleも不正への対処対応を強化しているようです。今後Google自身で不正を検知するAIが開発されると、今、不正を行っている事業者は一発アウトになることも考えられます。かつて、Googleは、不正にSEOを行う世界中の多くのサイトに対して、無慈悲にペナルティーを科したことがあります。日本でも、多くのサイトがGoogleからインデックス削除(Google検索に表示されなくなる)されたり、ランキングが大幅に引き下げられ圏外になるなどのペナルティを受けました。その時と同じことが、マップ検索のMEOでも行われることもあり得ます。


■ 不正なMEOは極めて悪質な行為

不正が発覚した場合、被害を被るのはお客様です。Googleガイドラインは、業者であれば誰でも当然知っていることです。業者が、不正と知らずに行っているという