• BiZoom

個人情報を一切収集しない、ユーザーを追跡しない検索エンジン「DuckDuckGo」(ダック・ダック・ゴー)に集まる注目!

更新日:2019年11月22日


今、ネット世界のほぼ全てはGoogleで検索さています。Googleは90%のシェアを持つ世界最大の巨大検索エンジンです。一方でユーザーの個人情報をトラッキングする上でも世界最大級と言えます。世界中のありとあらゆる情報を収集し整理することがGoogleの使命でもあり、また、パーソナライズされた検索結果を得られるメリットもあるので、ユーザーの追跡はある意味当然とも言えます。しかし、ここまで積極的に情報収集されると、何だか気味悪く思う人も増えてきます。そこで今、検索履歴などの個人情報を一切収集しない、全くトラッキングしない検索エンジンが注目を浴びています。

主な内容

  • プライバシーが守られる検索エンジンて何?

  • 「DuckDuckGo」を使ってみる

  • 実際のところ「DuckDuckGo」ってどうなの?

  • 利便性 vs. プライバシー

◇◇◇◇◇◇◇

■プライバシーが守られる検索エンジンて何?

皆さんは「DuckDuckGo」(ダック・ダック・ゴー)という検索エンジンのことをご存知ですか?

まだ、日本の多くの方には、「名前すら聞いたことがない」、そんな存在かもしれません。

しかし、実は2008年に設立された検索エンジンで、既に10年目を迎えています。「DuckDuckGo」(ダック・ダック・ゴー)が、Googleや他の検索エンジンと異なる点は、そのコンセプトにあります。同社のサイトにはっきりと書かれている通り、「DuckDuckGo」(ダック・ダック・ゴー)は・・・・

あなたを追跡しない検索エンジン

なのです。

これを聞いても、多くの方は、「だから何?」とあまりピンとこないかもしれません。しかし、2013年、国家機密情報を暴露したとしてアメリカから国家反逆罪の容疑をかけられている、元米中央情報局(CIA)職員エドワード・スノーデンのことを思い出して下さい。同氏は現在ロシアに亡命中ですが、彼が暴露した内容の一つに、「アメリカの米国家安全保障局(NSA)が組織的にGoogle、Yahooなどから協力を得て個人情報収集活動を行っていた」ということがありました。

つまり、GoogleやYahooなどの検索エンジンが、国家による個人情報収集に協力していた・・・利用者のプライバシーを守っていなかった、と言っているのです。

おそらく、アメリカ人のみならず、世界の誰もが、Googleが個人情報を収集している、ということに対しては何となくわかっているつもりでも、そのことがどういう意味を持つののか、深く考えたこともないのではないでしょうか?

しかし、スノーデン氏の暴露で、「なんだかよからぬ恐ろしいことかもしれない」と思う人が急激に増えたのは確かです。その証拠と言えるかどうかは別としても、この一件以来、「DuckDuckGo」の利用者が急激に増えた、と報じられています。開設後2年目、2010年の同検索エンジンのトラフィック数は、わずか1640万ほどでしたが、2016年には40億を超え、おそらく昨年2017年は60億を超えるとも言われています。2013年、スノーデン氏の暴露が明るみなってしばらく、同社のトラフィック数は、当時の平均を遥かに上回る、過去最高に到達したとも報じられました。

Googleの貪欲までに積極的な個人情報の追跡と収集に、嫌気どころか、恐怖すら感じる人が増えているのかもしれません。。。

■「DuckDuckGo」を使ってみる

「DuckDuckGo」の使い方はとても簡単です。