• BiZoom

小さな起業だからこそ大切な起業に行き詰ったときの勇気とは?情熱なしに情熱を燃やすことはできません。

最終更新: 2019年11月24日


目標を掲げ、それを達成するために取り組むことが、時にどれだけ大変なことか、実感している方も多いのではないでしょうか。起業も同じです。まだ夢見ている頃は楽しいのですが、具体的な成果として成し遂げることを明確にしていけばいくほど、その道のりが険しく見えてくるものです。目標が高ければ高いほど、当然そのハードルも高くなり、達成するには、より強い意志の力が要求されます。しかし、時には、その道のりが険しいと分かった途端、弱気が心を支配し始めることもあります。全ての起業家がスーパーマンではありません。多くの起業家もまた、悩み落ち込み、挫折するものです。

主な内容

  • 起業に行き詰った時ほど必要な大切な勇気とは?

◇◇◇◇◇◇◇

■起業に行き詰った時ほど必要な大切な勇気とは?

起業を目指す多くの人には夢やビジョンがあります。おそらくこれこそが起業の出発点ではないでしょうか?

起業とは、その夢やビジョンを現実のものとするための手段とも言えます。ですから、その夢やビジョンをありありと、ずっと持ち続けることが、起業の起爆剤でもあり、起業で直面する様々な困難や障害を乗り越える原動力にもなります。

しかし、逆もまたしかりです。起業の道のりは、時にとても孤独な歩みでもあります。未来の保証は何もなく、すべてが不確実な中、自分で決め、その全てに責任を持つということは、周りにどんなに人がいても、やはりどこかで孤独さを感じさせられることがあります。重圧に感じてしまう人もいるでしょう。そんな中、数々の困難や障害に直面するたびに、心が次第に追い込まれ、あんなにありありと描いていた夢やビジョンにでさえ、いつしか陰りが出始め、そして遂には見失ってしまうことがあるかもしれません。原動力にしていた夢やビジョンを見失うことは、その力を失うことでもあり、自分への信頼や信念を揺らがせることにもなりかねません。そして、それは情熱が覚めていく自分を感じてしまうことでもあり、とてもつらい経験になるかもしれません。

そんな辛い思いを経験する時間が続いたとしても、また起業に燃え、成功に飢え、情熱を取り戻すことができればいいのですが、時と場合によっては、それすら難しいこともあります。未来の絵や、夢やビジョンどころか、目の前の一歩先に何をすればいいのか、それすらわからず、無気力になってしまうこともあり得るのです。決して笑い事ではなく、実際にそんな状態になってしまう人がいます。あなたが必ずそうなるわけではありませんが、でも、もし、仮にそんなことになってしまったら、どうすればいいのでしょうか?そこから抜け出すことはできますか?

一度は起業を夢見て、情熱を燃やした人が落ちていく様は、傍から見ていてもとてもつらいものがあります。まして、まさか自分がそんなことになるとは、夢にも思っていなかった本人には、一体、自分に何が起きているのかまったく理解できません。しかし、夢見た起業で直面する数々の現実に、自分の意志や心が追い付かず、対処できなくなると、どんどん落ち込み、自分に失望し、自分と葛藤し、そして、無気力になってしまうこともあります。そして、最もやっかいなのは、そんな自分を受け入れられることも、認めることもできないことです。そうなると、さらに深みにはまり、ずるずると無気力を続けてしまうことにもなりかねません。その人にまだ情熱や「想い」が残っていれば、あるいは、その欠片を自分の中に見つけて拾うことができれば、失敗はいくらでも取り返すこともできます。しかし、心が萎えてしまっては、残念ながら情熱を持つことはできません。心に情熱が蘇るまでは、再び起業に情熱を燃やすことはできません。情熱なしに情熱を燃やすことは不可能だからです。

こんな時、一番避けたいことは、無気力のまま、何もせず時間をいたずらにやり過ごすことです。限られた時間とお金の枠の中では、致命的な事態を招きかねません。経済的にも、精神的にも大きなダメージを受けてしまいます。

そんなことにならないためには、敗北をあっさり認めてしまうことも必要です。そんなことを招いた自分の弱さを認め、受け入れることも大切です。

心が萎えてしまった時ほど、落ち込んでしまった時ほど、自分の弱さを認め、敗北を受け入れることが必要です。

自分を責めるのではなく、また、自分と戦い葛藤することでもなく、ただ、自分の弱さと敗北を認め、早々に起業から撤退することも、時には勇気ある決断です。

おそらく、これができる人は、再び心に起業への情熱が蘇ってくれば、その時こそ、成功を手にする可能性がより高くなると言えます。その情熱を取り返せるまでは、できるならサラリーマンに戻るなり、だめなら、アルバイトでもなんでもして、まずは、日々の生活を確保することが先決です。

起業で成功している人は、起業で失敗している人でもあります。撤退もまた、新たな成功へのステップと言えます。再び起業への情熱が燃えてくるのなら、新たにチャレンジすることもできます。そうでなくても、とにかく生活のためでも、目の前のことに取り組むことにより、また、新しい何かに情熱を持てる日が訪れるかもしれません。

弱い自分や負けを認めて、とにかく早く切り替えること・・・、それが失敗を成功に変える秘訣でもあります。

心の問題は思いのほか厄介なものです。弱い自分を見せつけられるのは辛いものです。しかし、自分がそうなってしまったのなら、それは仕方ないことです。心が萎えてしまってどうにもならないときは、とにもかくにも、自分の生活を取り戻すことが先決です。そのためには、そんな自分の弱さを受け入れ、敗北を認めて、早々に起業を撤退することも正しい道です、実は、自分の弱さを認め受け入れることも、そして撤退することも、とても勇気がいる決断です。その勇気が持てる人こそ、いつか成功を手に入れることができる人ではないでしょうか?

|▶

#起業の資質要素メンタル #起業創業



82回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White LinkedIn Icon
  • ホワイトGoogle+のアイコン

B2Bオンライン出版

サイトに関して 

■ 当サイト名:マーケの得だね!

■ 運営者  :PMJ(パワーメッセージジャパン株式会社)

        (POWER MESSAGE Japan, Ltd.)  

運営会社に関して 

ホームページ

会社概要

サイトの利用に関して

PMJサービス利用規約

プライバシーポリシー

■ 問い合わせ

PMJ

PMJ(パワーメッセージジャパン株式会社)/POWER MESSAGE Japan, Ltd.)はメッセージをパワーにして伝える会社です。

Copyright ©2016 POWER MESSAGE Japan, Ltd. All Rights Reserved.

Powered by POWER MESSAGE Japan, Ltd.

当サイトはWorld Wide Web Consortium(W3C)

によるCSSレベル3の認証を受けています。

本サイトの利用に際しては、必ず「PMJサービス利用規約」をお読みになり、その内容に合意した場合のみご利用下さい。「PMJサービス利用規約」に合意されない場合は、本サイトの利用はできません。なお、当サイトをご利用された場合は「PMJサービス利用規約」に合意されたものとみなします。